ある雪の降った日の犬と猫

今年初めて雪がつもった日、私は子供のようにわくわくして外にでました。
積もったといっても15センチつもったかどうかです。
毎年ここでは、年に1、2回雪が積もります。

以前はもっと雪が降って、積もったそうですが、温暖化のせいか年々雪が降る回数が減り、降る量も減ってきました。
ですから、雪が降ると特にうれしいのです。
すると、私と同じ気持ちであるかのような犬2匹が、雪の中で遊びまわっています。
雪の中で遊ぶ子犬2匹はなんともかわいいです。
木から落ちてくる雪の塊にも平気です。
彼らは、はだしなのに雪が冷たくないのだろうかと考えながら、でかけました。
出かけた先には、猫が一匹いました。
そこにいた猫は、寒そうに私によって来てスリスリしていきました。
私と遊んだあとは、また自分のソファーへとかえって寝ています。
みんながよく知っている歌の中には、犬は雪のなかでも遊びまわっていて、猫は家の中でねているというのがあります。
まさしく、その通りだと思いました。
犬は寒さなど感じてないかのようです。
以前私が飼っていた犬も、18歳という高齢になっているにもかかわらず、雪の日も外に出て歩きまわっていました。
時には鼻に雪を付けていました。
同じ毛をつけているのに、どうしてこんなにも雪の日の様子が違うのでしょうね。
動物それぞれに、特徴があるというのは本当におもしろいですね。
そして、わたしは2匹の子犬のように次に降る雪を楽しみにしています。

所沢市トイプードル専門ブリーダー
100%自家繁殖の「瞳がイキイキ」の子犬を販売。ペットショップや市場との取り引きは一切ございません。
www.poos-house.com/
関連:www.saskstockdog.com

«